« 散歩の季節 | トップページ | 公園 »

2008.04.21

NIKONOSの洗礼

状態確認を兼ねて、NIKONOS VにCENTURIA400の24枚撮りをいれて
撮ってみました。
ピントは目測。レンジファインダーで鍛えた?!距離感覚が、
まさかNIKONOSで活かされるとは(^^ゞ
あとは、失敗を減らす為にf8に絞り込んで、被写界深度を稼ぐ作戦(笑)

080420nikonos01
NIKONOS V+W NIKKOR 35mm F2.5+CENTURIA400

こんなことを言うと、NIKONの方に失礼かもしれませんが・・・
想像していたよりも、全然写るっ!

080420nikonos02
NIKONOS V+W NIKKOR 35mm F2.5+CENTURIA400
水陸両用レンズというだけあって、陸でも問題ありません。

これなら、海水浴にもっていって、
砂浜もシュノーケリングも撮れそう。
水中でのシャッタースピードを稼ぐ為に、
natura1600あたりのフィルムを使ってみようかな。
陸では、感度を400に設定して撮ればいいのだし・・・
などと、いろいろと想像が膨らみました。

が・・・すべてが上手くいったわけではなく・・・

080420nikonos03

NIKONOS Vのフィルム巻き戻しは、
シャッター調整ダイヤルに印されたRマークにあわせたあと、
フィルム巻き戻しノブで巻き戻すのですが、
ノブを一度上に引き上げるのを忘れてしまい、
巻き戻す手応えもないのに「水中カメラだからこんなもの」
と勝手な判断で裏蓋を開けたところ!!!

・・・全然巻き戻されてなかった・・・

見事に感光(T_T)
かろうじて、前半の12枚だけ助かりましたが、
後半の12枚は見事に光線かぶりでした・・・
Kai@と二人で近所ドライブに行った写真も、
Kai@に撮ってもらった写真(上の感光した写真)も
すべてパァ~(笑)
NIKONOS的には「なめんなよ~」と洗礼を受けた、
最初の一本でした(笑)

« 散歩の季節 | トップページ | 公園 »

コメント

ニコノスの難しさはこのあたりが水中カメラである所以です。
35ミリですが近距離でも少し絞れば深度で充分カバーできます。
更にフランジバックが短く内面反射も少ないので、結構良い画像が出来ます。
他に80ミリの望遠がありますが、UWニッコールは全て水中専用ですので、陸上では撮影できません。
もし陸上で広角が必要ならばWニッコール28ミリという陸上専用の広角レンズになりますが。これはレアものですね。
このサイトが参考になります。
http://homepage2.nifty.com/nikonos/

kuwaharaさん>

いろいろとご教授いただきありがとうございます!
とても参考になります♪
Wニッコール28ミリ・・・レアみたいですね。
ちょっと調べてみたのですが、お値段に躊躇(笑)
NIKONOSに関しては、沼にならないように、
35mmで水陸撮ろうと思っています。
今年の海水浴では、活躍してくれるはず?!です。

参考のHPありがとうございます。
NIKONOSでググッてみると、そのHPにたどり着きました。
NIKONOSの世界もディープですね~(笑)

追伸:27日、やはり朝から晩まで仕事三昧のようです。
残念です(T_T) また次の機会に誘ってくださいませm(__)m

こんばんは。
ニコノスは80ミリと接写ユニットは持っています。
興味があればお貸しいたしますので使ってみてください。
日曜は残念です。次の機会は是非お願いいたします。

kuwaharaさん>

>興味があればお貸しいたしますので

ご好意ありがとうございます。
まだまだ判らないことだらけなので、
いろいろと教えてくださいm(__)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17786/40943253

この記事へのトラックバック一覧です: NIKONOSの洗礼:

« 散歩の季節 | トップページ | 公園 »